インクジェットプリントでオリジナルがま口の制作

今回は弊社テキスタイルブランド「亥之吉」の商品,4寸縦型ポシェットがま口の制作をご紹介します。

こちらのポーチはスマホポーチを大きくして、調節できる合皮ショルダーをセットしました
大きめのスマートフォンや、お財布、モバイル機器を入れて軽やかにお出かけできます
中生地はスエード調の生地でできています。

こちらの商品に使用している生地は綿の11号帆布を使用しています。

厚めのしっかりした生地でバックや雑貨商品に使用する生地です。

デザインの特徴は表裏の柄それぞれ違っていて、柄位置も一定にしてあるところです。

4寸がま口 裏

裏のデザインはこんな感じです。

さて、実際に11号帆布にインクジェットプリントしていくのですが、プリントする前に必ずプリンター調整を行います。

それが着弾調整です。この調整はインクジェットプリントする際に染液が所定の位置に着弾するように調節する作業です。

インクジェットプリント着弾調整

この作業を行った後、プリントをしていきます。

生地をプリンターにセットしてプリントをスタートします。

がま口インクジェットプリント

インクジェットプリントの特徴を活かすことでオリジナリティあふれる商品を制作すことができます。

詳しい制作方法は弊社お問い合わせフォームより質問していただければお答え致します。

 

【テキスタイルからできる商品】関連記事

寄稿者 大塚 直史 (おおつか ただし)

在籍10年以上になる営業担当です。前職は石川県の染色工場で現場作業に従事。
京美染色では当時導入したばかりの最新型のインクジェットプリンターのオペレーターをしていました。
その後、呉服・雑貨・アパレルなど、幅広い業種の営業を担当。また、製造小売り部門「亥之吉」の催事で店頭での販売も経験しています。 テキスタイルにかかわる現場作業から商品の販売まで、いろいろな経験を活かして、お客様に最適な加工方法の提案とサービスを提供しています。

アパレルメーカー・雑貨店など卸・販売をされる個人様・法人様へ

オリジナルプリント・染色・商品の加工について、ご相談ください

075-812-0088
© 2021 京都オリジナルテキスタイルプリント・手捺染 京美染色(株) . All rights reserved.
ホームページ制作 by