インクジェットプリントで古い着物の柄を復刻しました。

以前に株式会社宇野商店さまからご依頼いただき、古い着物柄をインクジェットプリントで復刻するのをお手伝いさせていただきました。

以前は型友禅で加工されていたのですが、インクジェットプリントで染めることになりました。

まず、古布をスキャンして画像を取り込み画像をフォトショップで加工していきます。古布スキャン

この古布をそっくりそのまま再現していきます。データが完成後は生地に見本プリントをして色や柄を確認します。

確認後に反物を染めていきます。着物に使用する生地は3丈(約13.5m)と4丈(約16m)があります。

3丈の生地は主に小紋・訪問着に4丈の生地は振袖に使用します。今回染める生地は4丈の生地です。インクジェットプリントの準備

インクジェットプリンターに生地をセットしてプリントします。この時に生地が曲がっていかないように生地耳をそろえてプリントしていきます。

この時に生地が曲がってしますとインクジェットプリントしている時にシワになっていまったり、生地にプリントができていない状態が発生したりします。着物インクジェットプリント

プリント後は着物専門の蒸し屋さん・整理屋さんで後加工を行い反物として上がてきます。きもの反物

こちらの商品は反物で納品しますが、訪問着などの絵羽物は仮絵羽で納品することもあります。

京美染色では小幅(35cm~42cm)から広幅(112cm~155cm)までの生地に対応できます。素材もシルク・綿・レーヨン・麻・ポリエステルが加工可能です。加工についてはお問い合わせいただければお答えいたします。

 

【テキスタイルプリント】関連記事

寄稿者 大塚 直史 (おおつか ただし)

在籍10年以上になる営業担当です。前職は石川県の染色工場で現場作業に従事。
京美染色では当時導入したばかりの最新型のインクジェットプリンターのオペレーターをしていました。
その後、呉服・雑貨・アパレルなど、幅広い業種の営業を担当。また、製造小売り部門「亥之吉」の催事で店頭での販売も経験しています。 テキスタイルにかかわる現場作業から商品の販売まで、いろいろな経験を活かして、お客様に最適な加工方法の提案とサービスを提供しています。

アパレルメーカー・雑貨店など卸・販売をされる個人様・法人様へ

オリジナルプリント・染色・商品の加工について、ご相談ください

075-812-0088
© 2021 京都オリジナルテキスタイルプリント・手捺染 京美染色(株) . All rights reserved.
ホームページ制作 by