2021年01月28日 テキスタイルプリント

テキスタイルプリントについて

手捺染画像

京美染色のテキスタイルプリントについてのお話です。

テキスタイルのOEMはお客様かデザインをお預かり(図案もしくはデジタルデザイン)します。

そのデザインがどのようなものかを検討します。

色柄の面積が多いデザインは手捺染。手書き調のデザインであればインクジェットプリント。

などという具合にプリント方法を提案しています。

 

プリント方法を選ぶ基準

①お客様のデザインがどのようなもので、テキスタイルにイメージを再現するのにどちらの方法がよいか。

②プリントの加工数量(LOT)がどれくらいか。

③選んだ生地(テキスタイル)にプリントするためにどちらのプリント方法がよいか。

 

 

このような項目をお客様と相談しながら決めていきます。

加工方法や生地が決定した段階でお客様にお見積を差し上げてます。

京美染色でプリントをするまでのおおまかな流れはこのようになります。

 

 

【テキスタイルプリント】関連記事

寄稿者 大塚 直史 (おおつか ただし)

在籍10年以上になる営業担当です。前職は石川県の染色工場で現場作業に従事。
京美染色では当時導入したばかりの最新型のインクジェットプリンターのオペレーターをしていました。
その後、呉服・雑貨・アパレルなど、幅広い業種の営業を担当。また、製造小売り部門「亥之吉」の催事で店頭での販売も経験しています。 テキスタイルにかかわる現場作業から商品の販売まで、いろいろな経験を活かして、お客様に最適な加工方法の提案とサービスを提供しています。

アパレルメーカー・雑貨店など卸・販売をされる個人様・法人様へ

オリジナルプリント・染色・商品の加工について、ご相談ください

075-812-0088
© 2021 京都オリジナルテキスタイルプリント・手捺染 京美染色(株) . All rights reserved.
ホームページ制作 by