オリジナル風呂敷のOEM

この度、塩屋櫻井さまよりオリジナルの風呂敷制作の依頼をいただきました。

塩屋櫻井さまは長野県で営業されている、将軍家に献上されていた小布施栗を使った栗菓子を提供されているお店です。

依頼を受けて制作させていただく風呂敷のサイズは50cm×50cmです。生地は綿のシャンタン(生地表面に畝のあるもの)です。

風呂敷インクジェットプリント

デザインデータをいただき、色調整を行ったあとに風呂敷をインクジェットプリントしていきます。

インクジェットプリント 綿シャンタン

今回は風呂敷に仕立てるところまでを依頼されています。

風呂敷の4辺をミシンで縫っていくのですが、この際の縫い方を「三巻縫い」といって生地が3枚重なるような形で

縫っていく縫い方です。

風呂敷三巻

今回の風呂敷は112cm幅の生地に2丁(2列)柄を配置して連続でプリントしていきます。

プリント後に風呂敷の縫製を行うために裁断します。

その後、出来上がったのが以下になります。

塩屋櫻井 風呂敷

風呂敷を制作する際は横長にならないようにするため、いただいたデータを縦方向のみ3%~5%変倍をかけます。

その理由は生地が染色の加工中に縮むためあらかじめ縮み分を見越して縦にの伸ばしておきます。

そうして出来上がったのが個の風呂敷です。

このようなプリント方法は柄のパターンをかんげる必要がなく風呂敷をキャンバスのようにしてデザインできるので

それほど知識がなくてもできます。

みなさまもオリジナル風呂敷はいかがでしょうか。

 

 

 

 

【テキスタイルからできる商品】関連記事

寄稿者 大塚 直史 (おおつか ただし)

在籍10年以上になる営業担当です。前職は石川県の染色工場で現場作業に従事。
京美染色では当時導入したばかりの最新型のインクジェットプリンターのオペレーターをしていました。
その後、呉服・雑貨・アパレルなど、幅広い業種の営業を担当。また、製造小売り部門「亥之吉」の催事で店頭での販売も経験しています。 テキスタイルにかかわる現場作業から商品の販売まで、いろいろな経験を活かして、お客様に最適な加工方法の提案とサービスを提供しています。

アパレルメーカー・雑貨店など卸・販売をされる個人様・法人様へ

オリジナルプリント・染色・商品の加工について、ご相談ください

075-812-0088
© 2021 京都オリジナルテキスタイルプリント・手捺染 京美染色(株) . All rights reserved.
ホームページ制作 by